ダイエット・健康 2セット バイオメカサポーター足・指関節(愛知式)左右セット 特許第4997612号


 >  > ダイエット・健康 2セット バイオメカサポーター足・指関節(愛知式)左右セット 特許第4997612号
〔シグマックス〕マックスベルトS3 サイズ:LL 品番:323504●腰サポーター腰部固定帯サポーター 腰 健康器具 腰サポートベルト 健康グッズ ハード 腰ベルト 腰用サポーター 腰痛 敬老の日(クーポン)(寝返り運動 腰楽ゆらゆら)クッション 骨盤 腰痛 足枕 膝下ひざ下枕 筋肉運 動仙骨 骨盤補整 ストレッチ福辻鋭記 まくら プロイデア PROIDEA ドリーム (送料無料)小林製薬 葉酸 鉄 カルシウム 90粒 8個セット

【3種セット5%オフ】 濃縮クルクミン水 500ml & 紫うこん粒 100g & 紫うこん秋うこん混合粒剤(8:2) 90g ‥ 【送料無料】【濃縮クルクミン水】【紫ウコン粒】【紫秋ウコン混合粒】
6月14日ころ、ニホンホホビロコメツキモドキの幼虫が蛹化した。幼虫は昨年の秋にメダケ枯れ茎の中で見つけたもの。幼虫は今年に入って一度脱皮してから蛹化した。

 蛹の眼が黒くなってから数日後には今の状況となった。羽化はもうすぐだろう。前にも書いたがこの蛹はオス。黒く色付いた大アゴは左右対称である。

(写真/E-520  35ミリマクロ+1.4倍テレコン)

 
 昨夜は午前1時に起きて ピクノジェノールEX 120粒 3箱【送料無料】、室内撮影の準備。撮影態勢が整ってから3時間仮眠して4時に起き、ご飯を炊く。撮影対象の虫の様子を窺いつつ、午前5時半には子供の弁当作り。中学の野球部は土日も練習がある。土日くらい別のことをやれば良いのに、と思うが。まあともかく撮影対象の虫が落ち着いているようなので、子供を学校へ送る。どしゃぶりの中、自転車では危ない。なぜなら通学路の一部は車が制限速度を決して守らない。その上カーブも多い。そして歩道は狭くガードレールも無い。車を運転しだすと人は性格が変わる。というか本性を現すというほうがいいか。通学路ではいつ事故が起きてもおかしくないような運転を多く見かけるので油断は禁物だ。
 
 さて結局、撮影本番となったのは午前7時過ぎ。今日の撮影はビデオだったが、虫の動きが読み易く落ち着いて撮影ができた。ただし、困ったことにこの次の段階の撮影のタイミングが良く読めない。というか過去に行なった同じ撮影についてデータの記憶が曖昧だ。

 ところが明日は、西米良村でオオムラサキ観察会がある。雨が降っても是非参加しようと予定していた。観察会に参加するには少なくとも明朝6時半には出発しないといけない。さあ、どうする!

 記憶に頼っても無駄とわかったので、過去のフィールドノートを調べてみた。13~15年前の観察ノートだ。調べた結果、明日、外出するのは極めて危ないようだ。明日の午前中から正午にかけて撮影待機が必要と判断した。
 
 昨年もオオムラサキ観察会には参加できなかった。その理由は町内一斉清掃にまじめに参加したからだ。宮崎県におけるオオムラサキの分布情報をぼくはほとんど知らない。おおまかな産地データはすぐにもわかるが、実際にはそれだけでフィールド巡りするのは効率が悪い。ぼくが今住んでいる三股町やそのお隣の都城市などは、宮崎県内の確実なオオムラサキ生息地南限より南に位置しており シャネルChanelBlue Serum Eye Revitalizing Concentrate 【海外直送】、オオムラサキを見ることはできない。
 オオムラサキを見るには、少なくとも車で1時間以上走って小林市あたりまで北上する必要がある。観察会に参加するのはそういったオオムラサキの産地情報などを同好会の方々から直接お聞きする良い機会だと思えるし、もちろん宮崎のオオムラサキも早く見てみたい。

 ま、しかし何でもうまく事が運ぶわけではない。こうなったらやはり自力で探そうと思う。オオムラサキを初めての土地で探す、というのも新鮮でやりがいがある。いくら仕事だからと言って他人に頼ってばかりではイカンだろう。本来、ぼくはそういう主義だった。人から教わるより、敢て遠回りを選んできた。かなりひねくれた根性かもしれない。
 しかし、そろそろぼくの人生も先の着地点がおぼろげに見え始めてきた。残された時間はあんまり無い。いつまでも主義にこだわっていたら仕事もろくにこなせない上、ぼくのやりたいことなども実現不可能で終わってしまいそうだ。

 情報が溢れている今の社会を、少し距離をおいて見据えてみれば、良いことばかりと言えないことが多くなってきた。悲観的に捉えていくと行く末は真っ暗闇だ。それはそれで自然なのかもしれないし、そうで無いかもしれない。

 昨日は一昨日に引き続き、敷地内の草刈り作業をした。草刈り作業も1年間経験したおかげで腕前も向上した。このような作業中は考え事する時間として打ってつけでもある。普段はまじめに考えていなかったことがいろいろと錯綜して、ちょっと面白い時間となる。とは言え、肉体労働は神経も大いに使うから、考え事ばかりしていては作業も捗らない。体を動かすことを素直に喜ぶべきだ。

 先日、ある方にウラナミジャノメの産地を案内してもらった。その方はカメラも携えており(OLYMPUS E-420)、虫の姿に惹き込まれるように次々とシャッターを切られていた。ぼくの傍らで響くシャッター音は、圧倒されそうなくらいの勢いで、なんだか懐かしい情熱を感じた瞬間だった。虫に興味を感じ、少しでもその真理に近づきたいという強烈な意欲がシャッターを押す気合いとなっていたようだ。そしてその方のブログを拝見すると、あの懐かしい情熱が写真となり文章となっていることを見るにつけ、情報多寡の悪しき弊害も、そればかりではないなあ、とまた心揺れ動くのである。


 アワブキの葉はたいへん薄く、それが特徴的だと言える。

 アワブキにはアオバセセリとスミナガシ両種の幼虫がつくが、その薄っぺらい葉で見つかる幼虫の姿も面白い。それがヤマビワだとこうはいかないだろう。
 

(写真/E-3  50ミリマクロ)

2セット ダイエット・健康 ダイエット・健康 バイオメカサポーター足・指関節(愛知式)左右セット 特許第4997612号 2セット


 ヤマトコマチグモの産室がススキの葉に目立つ(写真上)。 産室はススキの葉をちまき状に糸で絡めたもので、たいへん巧妙に出来ている。クモが誰に邪魔されることなく安心して産卵でき、その後のふ化までずっと付き添えるという素晴らしい密閉空間なのだ。

 だがしかし、生物の世界ではいつも平穏な日々というわけにもいかない。この一見、安全強固な密閉空間も、イワタツツベッコウという蜂に見つかったらもう対処の方策は無い。イワタツツベッコウのメスは、産室の外側から産卵管を突き刺し、産室で産卵を控えているヤマトコマチグモのメスに寄生産卵をするのである。

 今日の写真は、ヤマトコマチグモの腹部背面にイワタツツベッコウの幼虫がへばりついているところ(写真下)。イワタツツベッコウ幼虫の居場所はこうしてこの場所に、こんな向きで静止することと厳格に決まっているところも興味深い。幼虫はこれからクモの体液を吸いながら、ドンドン肥っていくのである。

(写真上/E-3  50ミリマクロ)
(写真下/E-520  35ミリマクロ+1.4倍テレコン)

撮影場所/都城市 山之口町 桝安森林公園


 ※新開への連絡先は、yamakamasu@shinkai.info  です。

 

 今朝、庭の上空でさかんに飛翔するトンボがいた。いつものオニヤンマではない。下から見上げた翅は根元から濃い褐色をしており、とても気になる。車に積んである長竿を持ってきて、採集してみた。網はトンボ網ではなくゴース生地なので空気の抵抗が強く、トンボの速度に合せて振るのが難しかったが、なんとかネットインできた。

 しかし、捕らえたときにネットの枠に当たったのだろうか、首が大きく捻れてトンボは絶命状態になってしまった(写真上)。調べてみると本種はキイロヤマトンボのようだ。腹部第3節の黄色斑が黒条で斜めに切れている(写真下)のが特徴だ。

 キイロヤマトンボは関東以西に分布し、あまり多くはないようだ。

(写真上/E-3   50ミリマクロ)
(写真下/E-3  35ミリマクロ+1.4倍テレコン)

 先日「ウラナミジャノメがたくさん飛んでいます。」というメールをいただいた。しかもミナミヤンマも多いそうだ。場所は三股町のお隣、北郷町だから車で1時間と掛からない。

 ウラナミジャノメはずっと昔から気になっていたチョウだ。しかし、本種は局地的にしか見られず、その産地情報に触れる機会がほとんどなかった。ビデオの仕事の準備などもあったが、今日は雨も上がったので、なんとか午前中の時間をウラナミジャノメ撮影に当ててみようと思った。ウラナミジャノメはまだ見たことがないからだ。

 現場は北郷町の標高、約490メートルの山頂付近(写真上)。この山は公園となっており多数のサクラやアジサイなどが植えられているが 、常緑樹林もあって山頂付近には明るい草地が広く見られる。メールをくれた方が現地で案内してくれたが、すぐにもウラナミジャノメが姿を現し、ミナミヤンマも次々と高く飛ぶ。
 無難なところで、まずはウラナミジャノメ撮影に的を絞ることにした。ミナミヤンマの撮影はまた別の機会だろう。
 初めて見るウラナミジャノメは、翅の紋様の特徴以外にも、ヒメウラナミジャノメに比べて翅表の色濃いことや動作が機敏で人への警戒心が強く神経質なことがよくわかった。花で吸蜜することもあるが、なかなか傍に寄らせてくれない。ヒメウラナミジャノメなら一旦吸蜜に夢中になると撮影は簡単だが、ウラナミジャノメではそうはいかない。何カットかヒメジョオンの花で吸蜜する写真も撮れたが結局満足できるものはなかった。
 メスに求愛するオスも何度か見たが、メスは草むら深くに逃げ込んでオスを振り切ってしまった。

 ミナミヤンマはときおり、こちらの顔をかすめるようにして飛翔することもあった。これは、どげんかせんといかん!と少しだけ思った。

 午後1時頃には撮影を打ち切り、一旦、自宅に戻った。

(写真/E-520  14-54ミリズーム)
(写真中/E-520 8ミリ魚眼+1.4倍テレコン)
(写真下/E-3  シグマ105ミリマクロ)


 昨日はヤマビワでスミナガシの幼虫を見つけたが、今日はアワブキでも見つけておく必要があった。

 北郷町でのウラナミジャノメ撮影を終えてから一旦は自宅に立ち寄り、準備を整え直してから、すぐに都城市山ノ口町のある林道へと向かった。ここでは昨年、アワブキの樹を見つけておいた。ただし、この林道は大雨によって通行止めになることが多く、ちょっと心配だった。

 案の定、所々では土砂が崩れたり道の陥没もあったが、車は泥だらけになりながらなんとかアワブキのところまで行くことができた。アワブキの梢を見上げれば、4令幼虫が数匹、葉裏に静止していた。

(写真/E-3   35ミリマクロ+1.4倍テレコン)


 昨日の夕方、遠くからヒグラシの鳴き声を庭で聴いた。
 今日の北郷町の山中ではニイニイゼミの鳴き声もよく聞こえた。山頂付近ではアマツバメがさかんに飛翔し、サンショウクイもすぐ近くに来た。

 雨はしつこく降り続ける。梅雨だから仕方が無い。

 スミナガシやアオバセセリの春型成虫がうちの林の樹液や花壇に姿を現したのは、もうずいぶんと前のこと。少し気になっていたので、近くの上米公園に出向いてみた。

 ヤマビワの低い枝先では、若い葉っぱを綴り合わせたアオバセセリ幼虫が多数いた。ちょっと申し訳ないが綴った巣を開いて中を覗いてみた(写真上)。巣から出て葉っぱをモリモリ食べている幼虫もいた。どれも終令だ。

 地上高50センチほどの幼木では、丸々と太ったスミナガシ終令幼虫が2匹いた(写真中)。じっと顔を伏せているが、息を吹きかけるとヌッと顔を持ち上げ角を左右に振って怒るかのようだ(写真下)。

 日中でも薄暗い林なのだが、雨雲の下ではさらに暗い。今日の写真は条件的に厳しい。できれば日射しのある日に撮り直したいものだ。

 それにしてもこれだけ個性豊かな幼虫2種が、同じ食樹というのも何だか奇妙な取り合わせではないだろうか。

(写真/E-520  25ミリレンズ+2倍テレコン+魚露目8号、内蔵ストロボ)

【お年玉コフレ・正規品・送料無料】COSMEお年玉コフレSET&メルヴィータ ローズネクター BBクリーム(40ml)
 かなり以前から紹介してきた「セグロアシナガバチ」は、種名が間違っていたようだ 。たしかに繭蓋の色がやたらと黄色いことが気には掛かっていた。このことをある方からご指摘いただき、あらためて母バチをじっくりと見直してみた(写真上)。

 当初、セグロアシナガバチと思い込んだのは、体長が23ミリほどあって大柄であることだった。しかし、前伸腹節の模様や体全体の色などを細かく見ていくと、やはりヤマトアシナガバチではないか、と思われる。といってもまだ自信が無いので、?マークをつけておこう。
 
 アシナガバチ類は種類数も少ないが、意外と判別の厄介なものもいて、とくに写真から判断するのは難しいことが多い。巣の形や特徴から種が限定できるものもあるが、できればアシナガバチ類とスズメバチ類を合せた明解な判別用ハンドブックでもあれば良いなあ、と思う。

 ところで今日、巣を見てみると最後に残っていた繭部屋も破られて空っぽになっていた(写真下)。いっぽうでっぷりと肥えていた幼虫の一部が新たに繭蓋を作り始めている。いったいこれからどういう展開となるだろうか。こうなるとどうしてもヒメスズメバチの所業を見届けたいものだ。

(写真上/E-3   シグマ105ミリマクロ、内蔵ストロボ)
(写真下/リコー Caplio GX100 潜望鏡レンズ使用)

 先月末、霧島山の登山道脇で思わずマムシを踏むところだったが、そのときのマムシはなかなか格好良かった。

 しかし、ヘビが苦手な上に相手がマムシとあっては、広角接写撮影などできたものではない。ほんとうなら地面に這いつくばって、マムシの視線よりわずか下から仰いで、、、な~んて、そりゃ無茶な話だ。望遠レンズで証拠写真程度しか撮れなかったのはいかにも残念だった。

 数日前、仕事部屋で片付けをしているときに、ほとんど使ったことのない伸縮棒が目についた。たしかビデオ撮影の録音マイクを固定するものだったかのように記憶している。棒の太さ、長さ、重さ、といいこれは使える!!咄嗟に思いついてすぐにこしらえたのが名付けて「用心棒」。

 伸縮棒の先端に自在アングルとプレートを付け、プレートにコンパクトデジカメを固定できるようにした。プレートを適度な角度で叩き曲げる作業が必要だったが、工作はあっというまに終わった。伸縮棒は4段で、長さ調節リングを緩めても棒が回転しないように溝が掘ってある。したがって伸縮させるときにカメラがクルリと回転してしまうこともない。しかし、カメラの専用リモートケーブルが届くのに数日掛かり、ようやく今日になって届いた。

 専用リモートケーブルが届くまでに、手元に一杯あるUSBケーブルを改造してリモートケーブルを自作できないものかと試してみたが、これはうまくいかなかった。市販されている専用ケーブルは65センチと少し長さが足りないから気になったのだ。届いた専用リモートケーブルは、操作ボタン部に電池が必要で、何らかの回路が組み込んである。なるほど単純なショートスイッチではダメなわけだ。

 さて、本日、専用リモートケーブルが届いてさっそくテスト撮影をしてみた。カメラからリモートケーブルの最後部までは50センチしかない(写真上)。しかし、カメラのモニターを確認しながらリモートスイッチを操作するには、この程度の長さあたりが限界だろうか、とも思える。
 ともかく使ってみて、いづれリモートケーブルの延長工作も検討するときが来るかもしれない。

 最初はカメラの位置を極限まで低くするため、カメラのホットシューで固定してみたが(写真下)、これだとストロボが使えないのですぐに固定方法を換えた。カメラ底部の三脚ネジでプレートに固定してみたが、固定ネジの厚さはたいしたことない。しかもネジやプレートがカメラ保護の役にも立つので結局この方法に落ち着いた。

 この「用心棒」、例えばなかなか近寄せてくれないハンミョウなどの撮影に力を発揮できるかもしれない。実際、こういう方法で撮影している方もおられるようだし、使い方はいろいろと工夫できそうだ。通常は「延長棒」とか呼ばれているのだろうか。
 僕の場合は危険な毒蛇の撮影に使いたい、というのが動機にあったから、敢て「用心棒」と名付けてみた。
 ただし50センチという距離は、マムシなら軽くジャンプできるんではないだろうか!?と不安にもなり、また一方「用心棒」を携えたからといって、いつマムシに遭遇できるかは極めて怪しいとも言える。
 ならば積極的にマムシに会いにいくか!それもいい考えだが、まずはシマヘビやアオダイショウで練習しておくべきかもしれない。

 道具というのは、こうして実際に使うときのことをいろいろと想定してみたりする時間も楽しい。
 
(写真上/E-3  14-54ミリズーム、ストロボFL-36R使用)
(写真下/E-520 魚露目8号+25ミリ+2倍テレコン、内蔵ストロボ使用)

※ 新開への連絡先は、yamakamasu@shinkai.info です。

 

ダイエット・健康 SPRAY】 2セット 【送料無料】 バイオメカサポーター足・指関節(愛知式)左右セット 特許第4997612号

 久留米市から戻って、犬の散歩に出た。

 散歩に出てすぐ今日届いたばかりの「魚露目8号」をさっそく使ってみたのが、ヤブキリの羽化シーンだった。この程度の大きさであればフォーサーズ魚眼8ミリレンズで充分なのだが、魚露目8号はレンズが小さいので扱い易い。画質もそこそこだしファインダーも明るい成像だから文句もつけ用が無い。
 
 魚露目レンズを25ミリレンズ+2倍テレコンに組み合わせるというアイデアは、昆虫写真家、尾園さんのブログで紹介されていたもの。さっそくぼくも真似をしてみた。

(E-520  25ミリレンズ+2倍テレコン+魚露目8号、内蔵ストロボ)

 久しぶりに日射しが出た。早朝6時に出発して久留米ICに到着したのは午前9時過ぎ。現地の方に案内してもらい再び福岡県久留米市のベニツチカメムシ産地へと向かった。

 今の時期、ベニツチカメムシは卵を抱えている(写真上)かあるいは早いものではすでに2令幼虫群も見られた、。他にもこれから産卵しそうなメスではないか、と思える個体も多い。メスは口吻を卵塊の中に刺し込んで抱っこしており、いくら外部から刺激を受けても卵塊を見捨てたりはしない。一匹のメスが抱えている卵は百個以上はあるだろうか、それらが分泌液で球状に固まっている。

 卵を抱えたメスは地上の窪みや落ち葉の下に隠れており、丁寧に探さないと気付かずに通り過ぎてしまいそうだ。先日の豪雨のときなど、どうやってその雨水を凌いでいたのであろうか?たいへん気になることだ。

 ボロボロノキはたくさんの実をつけており(写真中)、木の特徴がとてもわかり易い。そう今こそボロボロノキ探索の適期と言えるだろう。冬場にボロボロノキを探そうというのは、あまりにも効率の悪過ぎることがよくわかった。
 あるボロボロノキの周辺ではオスが数匹、梢上で静止していた(写真下)。交尾はこうした地面より少し上がった梢上で行なわれるそうだ。

(写真上/E-520  35ミリマクロ+1.4倍テレコン)
(写真中/E520   50-200ミリズーム)
(写真下/E-520  8ミリ魚眼+1.4倍テレコン)

 
 

アトキンソン ウード セーブ ザ クイーン オードパルファン 100ml【Atkinsons Oud Save The Queen EDP 100ml New Sealed In Box】
 以前から紹介してきたセグロアシナガバチの初期巣(写真上)。巣は玄関脇にあって観察の頻度は高いはずだが、それは甘かった。

 今日も潜望鏡カメラで巣を真下から見上げるようにして撮影してみた。すると新たに繭蓋が三つも開いていた(写真下)。繭部屋は缶詰の蓋を切り開いたごとくにポッカリと大きな穴をあけ、中は空っぽになっている。ところがそこから誕生したと思われる娘バチたちの姿が無い。
 もしかしたら、と思っていたぼくの危惧は当たっていた。ぼくが少し外に出掛けている間に、嫁さんがその事態を観察していたのである。

 「アシナガバチの巣に、クマバチが来てたよ。」とは嫁さん。
 「クマバチ?ふ~ん、それはスズメバチのことでしょ。アシナガバチの巣を襲って幼虫や蛹を持ち去ってしまうんだよ。」

 つまりどうやら、ヒメスズメバチがときおりやって来ては、繭蓋をこじ開け中の蛹を略奪していったようだ。嫁さんはその現場を見たという。その間、セグロアシナガバチの女王(母バチ)は巣から逃げもせず、ただじっと見守っているだけだったようだ。為す術は無いのである。ヒメスズメバチはこうしてアシナガバチの巣を襲っては略奪するという非常に特殊な食性の持主なのだ。

 それにしても、略奪の仕方がずいぶんと手が込んでいるように感じる。でっぷりと肥えた幼虫もいるのだし、そっちのほうが奪い取り易いのではないか。しかしわざわざ蛹部屋の蓋をこじ開けてまで蛹にこだわったのは、もしかしたら蛹の成長が進み過ぎては食べごろ(?)を過ぎてしまう、というヒメスズメバチの判断があったのだろうか?

 玄関脇のセグロアシナガバチの巣は、おそらくもうこれ以上に発展することなく、いづれは女王バチも見切りをつけて放棄してしまう可能性が高い。去年の今頃も、こうして放棄された初期巣を近所の集落で多数見ている。それほどまでにヒメスズメバチの存在はアシナガバチたちにとっては、脅威となっているのだ。

 ところが一方、世間でよく騒がれる恐ろしいスズメバチの脅威とはほとんど無関係なのが、ヒメスズメバチでもある。ヒメスズメバチは体の大きさではオオスズメバチに次ぐ体格をしているが、その巣の規模はスズメバチ類のなかでは最小であり、働きバチの数も少ない。つまり小家族なのだ。まず人を襲うことはないだろうと思う。
 だからオオスズメバチとヒメスズメバチの見分け方を覚えておけば、野歩きするときには役立つはずだ。すこしでも余計な恐怖心を減らすことができるから。


(写真上/E-520 35ミリマクロ+1.4倍テレコン)
(写真/リコー Caplio GX100+潜望鏡レンズ)


正規品【JEAN PATOU】SUBLIME EDT SP 75ml【ジャン パトゥ】スブリーム EDT 75ml【ブランド香水/フレグランス/レディース・女性用香水/人気香水ランキング/プレゼントギフト】
 今日は梶山小学校の学外教育という催しで、昆虫観察会を行なった。参加者数は父兄の方も入れて50名以上。

 朝方まで断続的に雨が降っており一旦は延期かと思ったが、しだいに回復するようでもあり決行することにした。午前10時、三股町内の上米公園に集合。少し風が出てき始め、どんよりとした雲が空一面に広がり気温が上がらない。
観察会の気象条件としては良くなかったが、参加してくれた子供たちは元気に虫探しをしていた。虫はそこそこしか見つからなかったが、サワガニが多く子供たちの虫かごに次々に詰め込まれていた。やはりサワガニくらいの大きさもあって、しかも動き回る生き物は捕まえたくなるものだ。
 サワガニの収穫に満足する子もいれば、「エノキがあればゴマダラチョウ幼虫が見つかるのになあ~」、などとチョウに詳しい女の子もいる。

 今回の観察会で見つかった主な昆虫たちは、
 
 キチョウ、スジグロシロチョウ、ヤマトシジミ、ジャコウアゲハ蛹、イシガケチョウ、キマダラセセリ、クロセセリ幼虫 【600円クーポン】【送料無料】 『×3個』 セフィーヌ スキントリートメント 30ml 医薬部外品 ベーシック cefine 《美容液 保湿 肌荒れケア》 【正規品・送料無料】クリニーク イーブン ベター ブライトニング モイスチャー マスク<医薬部外品>(95g)+コフレ5700円、オオカマキリ幼虫、オンブバッタ幼虫、タンボコオロギ、キオビゴマダラエダシャク幼虫、オオゴキブリ、モリチャバネゴキブリ、シロコブゾウムシ、アトボシアオゴミムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、モノサシトンボ、ハラビロトンボ、ウスバキトンボ、ヤマトシリアゲ、ホオアカオサゾウムシ、セマダラコガネ、マメコガネ、

ダイエット・健康 2セット バイオメカサポーター足・指関節(愛知式)左右セット 特許第4997612号,[#tong##]

【梱包サイズ】:通常商品商品内容外反母趾改善のサポーター鳳麟堂院長 愛知政則考案「筋肉の連鎖」理論から生まれた『バイオメカサポーター』商品スペック【商品名】 バイオメカサポーター足・指関節(愛知式)左右セット 【販売元】鳳麟堂 【生産国】 日本 【カラー】 ブラック【素材】ポリエステル・ポリウレタン・ナイロン【使用方法】写真 取扱説明書をご参照ください。【特記事項】 取扱説明書をご参照ください。[広告文責]有限会社ワイズギフト【TEL】050-3736-2504

、ドウガネブイブイ、ツチイナゴなどなど。

 そして観察会コース最終地点のサクラ園で、ヤツメカミキリ(写真)が見つかった。子供たちの体力、気力の持続を考えると観察会の時間は1時間~1時間半がちょうどいい。ほんとうは日射しがあれば良かったのだが、また来年にも期待したい。
 ぼくの子供が梶山小学校を卒業するのは3年後だが、それ以降でもこういった行事には積極的に参加したいと思う。

(写真/E-520  35ミリマクロ+1.4倍テレコン)


 昨夜はもの凄い豪雨だった。雨音で目が覚めたのは久しぶり。
 雨量が多いと農作物にも影響する。今朝は決壊した田んぼの畦を修復している農家の方の姿があった。田んぼは風景として綺麗だなんて眺めている立場では、実際に農業に従事している方々の苦労はなかなか見えてこない。

 さて雨が降ったにも関わらず、仕事部屋の灯りには夜の間に集まって来た虫たちが、けっこういる。そのなかでも今日の写真の蛾は、まるでウサギコウモリのようにも見える。大きなアンテナ(触角)は細かい櫛状になっていて、メスの放つ性フェロモンをキャッチできるのだろう。本種の種名はただいま調査中。

 蛾の天敵でもあるコウモリは RS-001EX Reserve モダンブラック [9420002]、世界に約1000種、そして国内には36種もいるそうだ。

(写真/EOS-5D  65ミリマクロ)

※本種はその後、

ダイエット・健康 2セット バイオメカサポーター足・指関節(愛知式)左右セット 特許第4997612号

、ドクガ科のスゲオオドクガと判明した。
Demain(デュマン) アクアスキンピーリング HN-250PL(1コ)ジョルジオアルマーニGiorgio ArmaniPrive Bleu Lazuli Eau De Parfum Spray 【海外直送】

{yahoojp} {shinkai.info}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-83870