>  > ROSIO ロシオ かかとのない健康シューズ なめらかタイプ ロシオゴールド・BR ブラウン 25.0cm

ROSIO ロシオ かかとのない健康シューズ なめらかタイプ ロシオゴールド・BR ブラウン 25.0cm

【送料無料・まとめ買い×4個セット】大塚製薬 ネイチャーメイド 大豆イソフラボン 60粒エントリーでポイント5倍! Hatto-α&Hatto-β&Hatto-γ 各3本セット【カード払限定/同梱区分C】 5400円以上で送料無料(離島・北海道除く)

ROSIO ロシオ ステンレス製浴槽台Rソフトクッションタイプ かかとのない健康シューズ なめらかタイプ ロシオゴールド・BR 洗顔料 ブラウン 25.0cm

ロシオゴールド・BR なめらかタイプ 25.0cm ROSIO ブラウン ロシオゴールド・BR ロシオ ロシオ かかとのない健康シューズ

2014 6/28 総合政策学部の皆さんへ

 本日は6月28日、第一次世界大戦が始まる直接のきっかけ、サラエヴォ事件の日です。今日でちょうど100年、1世紀も前なのか、というよりもあれから100年しか経っていないのか! という気もします。

 それにしてもこの間の激動はあまりにも激しい。19世紀的世界秩序が崩壊し、オーストリアとオスマン・トルコという国際帝国が崩壊、同じく巨大帝国だったロシアがロシア革命で消滅、いったんはソ連の一国共産主義になりながら、やがて第2次世界大戦を経て、東西冷戦を引き起こす2大陣営が誕生し、それがいったん崩壊するも、次の秩序をはたしてG8が支配するのか、ロシアをはずしたG7なのか、それとも中国も含むG20なのか、誰も確信を持てない、そんな100年です。

  さて ツインズ HU-36IP フラダンスエクササイズ HuLaLa フララ アイボリーピンク {HU-36IP[9980]}、サラエヴォ事件の犠牲者、オーストリア=ハンガリー帝国皇太子フェルディナントは、正確にはフランツ・フェルディナント・フォン・エスターライヒ=エステ、100年前のこの日、愛妻ゾフィー・ホテクとともに、セルビア人の暗殺者によってパレードの自動車上で射殺されます。

 ゾフィー・ホテクはボヘミアの伯爵家出身で、ハプスブルグ家とは家格がつりあわぬことから、周囲から結婚を反対され、二人の間に産まれた子供は帝位継承権を持たない、という条件でやっと挙式があげられるも、その14年後に、二人は3人の子どもを残して、死ぬことになります。

 なお、事件時、ゾフィーは妊娠中で、自らも死に瀕したフェルディナントが傍らの妻に語った最後の言葉は「ゾフィー、死んではいけない。子ども達のために生きなくては」と伝えられています。、しかし、二人の死は第1次大戦の勃発を引き起こし、その結果、その後の5年間に積み上げられる2000万人の死の前触れとなりました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 その後の歴史は、オーストリアー=ハンガリー帝国やオスマン・トルコのような「複数の民族を包含する国際的秩序」vs.「共通のアイデンティティに依拠して、“異人”を排除する民族国家」という二つのモデルのせめぎあいというべきでしょう。

 そして、イラクやシリアのように、オスマン・トルコ崩壊後の列強の思惑によって誕生した国家が、100年後も安定していないのも、その一つの象徴かもしれません(この両国は1916年にイギリスとフランスの間で結ばれたサイクス・ピコ協定によって成立)。なにしろ、成立したイラク王国の初代国王は映画『アラビアのロレンス』でアレック・ギネス扮するメッカのシャリーフ(宗教的指導者)ハシーム家の当主フサインの三男ファイサルなのですから、イラクの土地とはもとと縁が無いわけです。

 かつ、イラク自身は民族構成が住民はアラブ人が79% 【山本美憂&聖子 ビーナスボディスパッツ L】、クルド人16%、アッシリア人3%、

ROSIO ロシオ かかとのない健康シューズ なめらかタイプ ロシオゴールド・BR ブラウン 25.0cm正規通販サイト

、トルコマン人(テュルク系)2%、かつ宗教はスンニー派とシーア派が混じっているわけです。互いに“異人”を排除しようとすれば、国家自体が崩壊することになります(現時点では、スンニー派の攻勢で崩壊しかねる状態です;かつて、情熱をこめてファイサルを支援したロレンスなら、何を思うところでしょう)。

 ちなみに、ファイサルの孫ファイサル2世は、1958年7月14日軍のクーデターによって親族もろとも射殺され、イラク王国は26年で幕を閉じます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 フェルディナントに話を戻せば、誰の目から見ても落日の“国際帝国”維持について、彼なりに私案を持っていたようです。

 19世紀、民族意識の高まりから、オーストリー=ハンガリーという二重帝国に構成しなおしたハプスブルグ帝国について、「チェコ人(ゾフィー・ホテク)と結婚しただけあって、フランツ・フェルディナント大公は親スラブ的な傾向があり、その反面で大のハンガリー嫌いだった。政治的思想も親スラヴ的で、皇帝のボヘミア王戴冠による三重君主国の大連邦国家制を望んでいた時期もあった」(Wikipedia)。

 なんとややっこしいといわれるかもしれません。民族を超えた存在であり続けたいのなら、配下の民族にそれぞれ自治権をもたせつつ、その上に君臨して国際秩序を保とうとする。

 しかし、それも配下の臣民たちが皇位を認められばこそ。もちろん、セルビア民族主義者たちがそれで納得するはずはなく、フェルディナントの現状維持を願って作り上げようとしたあまりにアーティファクトな政治構想は、数発の銃弾によって崩壊に至ります。

 一方、フェルディナントはハプスブルグ家後継者として、子供の帝位継承権をはく奪されても、“恋愛”を押し通して“貴賤結婚”に踏み切ったため、おじでもある老いた皇帝フランツ・ヨーゼフ1世から嫌われ、その政治的立場は極めて微妙なものでもありました。旧来の帝国秩序に固執するフランツ・ヨーゼフとの対立が、フェルディナンドの政治的動きを加速させ、その結果としての暗殺とも言えなくはありません。もっとも、フランツ・ヨーゼフ自身も、愛妻シシィ(下記)との結婚の際、母親の反対を押し切っているので、この恋愛を認めてやってもよかったのに 新型 エピレスト epirest【家庭用脱毛器】【脱毛器】【むだ毛】【光脱毛】【美顔器】【フォト脱毛】【送料無料】、と思わずにはいられません。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 なお 【送料無料】ルベル イオセラム クレンジング 2500ml 詰替、フェルディナントは20歳を前にして、ほぼ1年間をかけて世界周遊に出かけます。皇位継承者の身でそんな挙に出ること自体に 、これもまた反対があったそうですが、このちょっと“はずれ者”の唯一の共感者、これもハプスブルグ家の“はずれ者”、フランツ・ヨーゼフ1世の妻シシィことエリーザベト皇后の口添えでなんとか旅に出ることができたとのこと。

 その際、彼は日本も訪問、非常に詳しい手記を残していますが、その中で日本の従来の文化を称揚し、ヨーロッパ人から見れば醜悪にも見える急速な“欧化=近代化政策”に疑問を呈しています(『オーストリア皇太子の日本日記―明治26年夏の記録』(講談社学術文庫)。

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール


高畑由起夫
◆研究分野:生態学、自然人類学、霊長類学 ◆研究内容:主な研究対象はニホンザルやチンパンジー、ワオキツネザル等ですが、潮間帯の巻貝類や水生昆虫、カラス等も調べたことがあります。霊長類学の視点で、近縁...

カテゴリー一覧

月別記事

{yahoojp} {kg-sps.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-79359